13 クラシックカーからのインスピレーション

デザイナーの坂井にとって、デザインのインスピレーション源はファッションだけでなく、建築やアンティーク家具、香水瓶、紙袋と幅広い。その一つに幼少の頃から描いていたクルマがある。フォルムやディテール、外装と内装の配色や素材使い。クルマから当時のライフスタイルの影響を受けた。全体が金属製というのも、金具にこだわる性質のベースになったと話す。

「父親がクルマ好き。赤ん坊の頃、よく遊んでいたおもちゃが、ベンツのミニカーだった。おもちゃとして普通なら最初に触るであろうプラスチックやゴム製のものではなく、金属の質感と、ミニチュアながらもフォルムを纏った“デザイン“というものに図らずも触れていた」。3歳になった頃には、通りを走っているクルマの車種をすべて言えるようになっていたという。

坂井が特に興味を持ったのがヨーロッパ車で、1960年代の「007」シリーズのアストンマーチンや、イタリア映画『黄金の7人』に出てくるアルファロメオなど、国ごとに違う独特のデザインや色使いに衝撃を受けた。アルファロメオ1300ジュニアやルノー8ゴルディーニは、シンプルな箱型のセダンでありながら、美しいバランスが特徴。〈TOFF&LOADSTONE〉で作る、四角いトートバッグにエレガントな佇まいを感じさせるためのヒントになった。後ろから見た形が美しいジャガーEタイプは、ドアノブなどの金属モールの使い方がバッグの金具デザインに影響を及ぼしている。自ら購入した愛車ミニクーパーもまた、品のあるデザインディテールを持つ。スポーティーでもあり、ミニバッグを考える上でとても役に立っている。

「もう少し車高を低くしてタイヤ幅を広くして、色は現実では無いけど、こんな色あったら良いのに…なんて考えながら幼少時にクルマを描いていた自分が、大人になっても変わらず描き続けている。それがバッグに変わっただけのことなのです」

back

TOFF&LOADSTONE
INSTAGRAM

MICAI
INSTAGRAM

PAGE TOP

Copyright © T&L Co,LTD . All Rights Reserved.